今、東京暮らしを振り返る

おはようございます。 大阪暮らしを満喫しているmichikaです。 見かけによらず順応性があり見かけによらずオープンで、見かけによらずメンタルもタフなので、どこに住んでも「こんな所もうイヤッ」みたいになったことはありません。 転園しようが転校しようが祖父母に預けられようが誰かと同居しようが、基本的に「そこでどう楽しくやっていくか」だけを考えてきました。 だから16回引越ししていても「長い目で見れば旅をしながら暮らしているようなもの」と捉えて、けっこうこの人生を気に入っていたりします。 そんな楽観的な引越し人生ですが、3年近い東京生活を振り返ると、なかなかしんどいものでした。 その理由はひとえに、体調の問題に端を発しています。 「○○症」や「○○炎」といった類のものに罹ることが多く、また貧血もひどく悪化し、あとはもう原因不明ですがとにかくカラダがしんどかった。 一ヵ月で体調が良いのは一週間だけ、ということも珍しくありませんでした。 それで家から出ない日も多く、せっかく好奇心を刺激する街に住んでいたのに、もったいないかったな、と思います。 すごい不完全燃焼感。 一方で旧友に再会する機会には恵まれ、新しい友人もでき、対人面の恩恵は享受していたんですけどね。 東京暮らしを振り返ると、「なんか分かんないけどしんどかった」という印象がどうしても先に来てしまいます。 では大阪暮らしはどうか? と言えば、私は本…

続きを読む

大阪の夏は5月から!度入りサングラス購入

大阪に帰ってきて思い出した、いや思い知ったことがあります。 それは、大阪では5月から夏だということ。 しかも東京と比べると、同じ気温でも日射しの強さがぜんぜん違う! 大阪のほうが鋭く、「射す」というより「刺す」に近い痛みを感じます。 実際、日傘率も帽子(ならびにサンバイザー)率もアームカバー率も、圧倒的に大阪のほうが高いです。 今日も本当に暑かった!! 日焼け止めクリームと帽子は当然ですが、こんなもんでは5月の大阪の太陽には負けてしまいます。 完敗です。 そこでまずは、遮光率とUVカット率が99%の日傘を楽天で注文しました。 こちら↓ 【送料無料・UPF50+ UVカット率99%以上 遮光率99%以上 遮熱効果 炎...価格:3490円(税込、送料無料) (2017/5/8時点) でも日傘は使う場所やシチュエーションを選びます。 また荷物が多い時や梅田や難波のような人混みの中では、傘は邪魔になることも。 そんなわけで今日はサングラスを買いました! 念願の度入り!! 私は肌色が白いほうで紫外線にはめっぽう弱く、すぐにヤケドになってしまいます。 (実際、今も頭皮がヒリヒリ痛みます…) 特に目と目の周りは繊細なので、皮膚科の先生にはサングラスをするようにずっと言われていたのでした。 が、東京では引きこもり気味だったので購入せず。 数年ぶりに大阪に戻って来て危機感を感じ、ようやく今日メガネ屋さんに…

続きを読む

「24時間ゴミ出しOK」に思うこと

今回の引越しで「賃貸マンション」は5軒目になるmichikaです。 ここで初体験なのが24時間ゴミ出しOKというルール。 このシステムについて思うことを書きたいと思います。 ところで一つ前に住んでいたところは、都内でもごみ袋が最も高額な自治体の一つでした。 (40L用が10枚入りで800円。) 大阪市には特定のごみ袋がなく、透明or半透明で中身の見えるものなら大丈夫。 中身が認識できる透明具合でさえあれば、色がついた袋でもかまいません。 この出し方だけでもすごくラクだな~と思うのですが、さらに自由度が高いのがマンション自体の24時間OKルール。 これ、引越し直後にはとってもありがたいですね! なにしろ転居直後は荷物の整理がたいへん。 ふつう古紙回収は週一回なので、荷物を出した段ボールは回収日まで待つか、引越し業者に電話をして取りに来てもらうかのどちらかです。 この場合、当日まで段ボールを家の中に保管しておかなくてはなりません。 でも24時間出せると、区切りの良いところまで荷解き作業をしたら、その都度片付けることが可能です。 今回は新調した冷蔵庫が届くまで一週間かかり、その間の食事は基本的にテイクアウトを利用していましたが、そういったゴミもその日のうちに出すことができるのでニオイが気になりませんでした。 でもいつでも部屋から出せるということは、ゴミ置き場にある期間も長いということ。 ルールを守らない人が…

続きを読む

まさに奇遇!つながる縁と引越しがもたらす再会

かつては大学受験業界でバリバリ教えていたmichikaです。 東京から大阪への引越しも落ち着いてきて、昨日はまだ転居の連絡をしていなかった友人たち、特にかつての同僚たちにメッセージを送りました。 すると特に仲の良かった同僚から返ってきた言葉が 「あら、奇遇」 今は静岡に住んでいる彼も、来月大阪に戻ってくるらしい! 私が今住んでいるところは、彼の生まれ育った街のすぐ近く。 そして彼が引越してくるのは、私が以前住んでいた堺の同じエリア。 まるでホームをとりかえっこするかのような偶然です。 お互いにオススメのお店を紹介しあい、そのうち飲みに行く約束をしました。 一緒に働いていたのはもう15年も前のことになり、当時の仲間は日本というか世界中に散っていますが、こんなことが起こるから人生ゆかいだなあと思います。 これまでの全16回の引越し経験を生かして私が運営しているサイトには "ミチカの引越し人生〜旅するようにおひっこし" というタイトルを付けています。 引越し間もなくまだふわふわと暮らしている今はまさに旅先感覚なのですが、このような「奇遇」は旅の途中の再会のようで、幸運に感謝する思い。 大阪での楽しみがまたひとつ増えました。 にほんブログ村

続きを読む

マンションの大家さんと初めての対面

東京から大阪の新居に引越して一週間が経ったmichikaです。 新居の一階には、マンションの大家さんが住んでいます。 これまでお会いする機会はなかったのですが、今日帰宅した際に初めて顔を合わせました。 新しい大家さんはいわゆる"大阪のおばちゃん"の典型のような容貌で、「おお、帰ってきたな」感が一段と強くなりました。 でも私の中の典型的"大阪のおばちゃん"像とはちょっとちがって(ごめんなさい…)、と~ってもにこやかで朗らかな方。 こんにちは、と挨拶するとパッと笑顔になって 「あら~!こんにちは。おかえりなさい。」 この"おかえりなさい"部分に気持ちがすごくこもっていて、大家さんのホスピタリティーを感じました。 これなら何かあった時、躊躇せずに相談しに行けそう。 やっぱりこの物件に決めて良かったな、思った瞬間でした。 にほんブログ村

続きを読む